プラ新法スタート! SDGsポップ作成してみました!

2022年4月1日より、使い捨てプラスチック製品の削減を企業などに求める

「プラスチック資源循環法」が始まります。これ以上の海洋汚染を阻止するため

使い捨てプラスチック製品の削減と、代替素材への転換に取組む法律です。

プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラ新法)の普及啓発ページ
プラスチックは、えらんで、減らして、リサイクル。2022年4月1日、プラスチック資源循環法が始まります。環境省による「プラスチックに係る資源循環の促進等に関わる法律(プラ新法)」の普及啓発ページです。

削減の対象は、無料で提供される使い捨てプラスチック製品12品目

【特定プラスチック製品12品目】

スプーンとフォーク、テーブルナイフ、マドラー、飲料用ストロー、ヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ、歯ブラシ、衣料用ハンガー、衣類用のカバー

各企業で使い捨てプラスチック削減の取り組みを開始

【スターバックス】

スタバ「使い捨て資材削減」に4つの施策、樹脂製グラス、フタなしドリンク、植物由来カトラリー、“借りるカップ”エリア拡大/スターバックス
スターバックスコーヒージャパンは3月17日、店舗での使い捨て資材削減を目指す4つの施策を、3月中旬から順..

【セブンイレブン】

植物由来の素材を30%配合したカトラリーを全国のセブン‐イレブンに順次導入 | セブン&アイ・ホールディングス
セブン&アイ・ホールディングスの会社概要、トップメッセージ、取り組みなどをご紹介。コンビニエンスストア、総合スーパー、百貨店、レストラン、銀行、ITサービスなど幅広い業態を擁する総合流通グループです。

消費者の意識を高めることも重要!

コンビニ、スーパー向け【使い捨てプラスチック削減のお願いPOP】

●しっかり目的を伝えて、知ってもらうことが意識を高める第一歩!

●現在実施している取り組みをアピールすることも、消費者の安心につながります。

飲食店向け【使い捨てプラスチック削減のお願いPOP】

●いつものテイクアウトのPOPに割引施策をプラスしてMYカトラリーを促進!

プラスチック削減のお願いPOP

今回のプラスチック資源循環法が定着するころには、消費者の「エシカル消費」もどんどん進んでいくと思われます。環境に配慮したお店=今後消費者から選ばれるお店です。

しっかり取り組んで、その取り組みをPOPで伝えていきましょう!

今回使用した主なPOPアイテム

◆SDGs関連POP

◆テイクアウトPOP

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました