【POP作例多数!】歯医者さんのPOP、業務の合間にカンタン作成できます。

歯科医院の受付まわり、待合室のPOPは重要!

売場はつくったものの、お客様が商品を手にとってくれない。
なぜなんだろう。

歯科医院に置いてある商品は、消費者にとってはなじみが薄く、手が伸びにくい可能性も。
もしかしたらその商品、価格で判断されていませんか?
今回は、POPKITの作例とともに、業務の合間にカンタン作成できる「価値を伝えるPOPのコツ」について書きました。

歯科医院でつくるPOP・ポスターは2種

歯科医院のポスターは大きく2種類あります。

①自己ケアの促進、お役立ち情報を発信する啓蒙POP、ポスター
②商品まわりに設置する販促POP
①の啓発ポスターで自己ケアや虫歯予防に対する意識づけや気づきを与え、②の販促ポスターで具体的な商品の価値をアップする。どちらも重要な役割をもっています。

【歯医者さんPOP作例】①啓蒙POP、ポスター

啓蒙ポスターは、フロスや洗口液の使い方など、自己ケアに対する意識をつくります。クイズ形式やカンタンなイラストで興味を惹き、自己ケアを身近に感じてもらいましょう。購入への第一歩にもなります。

■歯間ブラシとフロスの違いをイラストで説明

歯間ブラシとフロスの使い方POP、歯医者さんポップ

■クイズ形式

歯間ブラシとデンタルフロスの使い方POP、歯医者さんポップ

季節や行事に絡めたPOPを作成するのもおすすめです。季節によって変化を見せて「POPの作り手がスタッフの中にいる」と感じてもらうと、親近感につながります。

■父の日に絡めて商品訴求 ■おしらせ風にして読み物として楽しんでもらう

口腔ケアグッズ、歯医者さんポップ  歯科医院のお知らせ 歯医者さんポップ

行事に合わせたお子様向け虫歯予防のポスターなど、歯みがきを「自分ごと」に感じられるようにしましょう。

■ハロウィンに合わせた子供向けポスター

こどもむけ歯医者さんポップ

【歯医者さんPOP作例】②販促POP

販促POPは、商品まわりに設置する具体的な商品の紹介をするPOPです。物販コーナーは商品数が多い割に広くないため、限られたスペースでの商品訴求が必要。

「伝えたい価値を絞る」「伝えたい順位に文字の大きさを変える」この2つが重要です。

お客様が購入検討時に知りたい情報は4つ
①商品特徴 + 価値 ②使用感  ③価格  ④自分に合う商品かどうか

下のPOPは、この歯みがきジェルの価値である「磨けてる実感」を一番伝えたいことに設定し、
文字も大きくしました。一番最初に「磨けてる実感」が目に入りますね。
価格や商品名は小さくてOKです。

■歯みがきジェル 販促POP

POPKITなら帯や背景を変えて雰囲気の違うPOPも簡単!
実際の商品画像を入れることもできます!

ターゲットによってテイストを変えるのもおすすめです。

■ホワイトニング商品 販促POP(手書きで書いたようなPOPも簡単!)

ホワイトニング、歯医者さんポップ

今回つくったPOPは、↓下記の「歯科医院POPセット」のアイテムや背景を軸に、いろんなクリエイターさんのイラストを組み合わせて作成しています。

収録POP素材
POPKITに収録されている豊富なPOP素材一覧です。

歯のイラストが入った背景も充実!背景があるかないかで、POPは断然変わります!

コロナ禍でも患者様とのコミュニケーションを密にするには、POPが不可欠!

お客様に価値がつたわる売場づくりに、ぜひPOPKITをご活用ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました